« 月刊「よみうりペット」(読売新聞)に『世界の犬「101」がよくわかる本』 | Main | 東横線都立大学駅「norsk cafe」で蕎麦カフェ »

浅草橋「江戸蕎麦手打処 あさだ」で蕎麦屋酒

2階座敷へ。燗酒を注文したところ、「ちろり」という、お酒を容れてお湯をはった容器の中で燗をする道具も拝見しました。

純錫の板を叩いて作ったシンプルな美しさ、温かみを感じます錫の酒器は、古くから宮中の御神酒徳利などに重用され、イオン効果が高く、酒をまろやかに美味しくするといわれています。

中国薬学の古書には、井戸の底に錫板を沈めて水の浄化を計ると記されているそうです。銅や錫は、熱伝導率が高く保温性も優れているため早く燗がつき、また冷酒も引き立つそうです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|

« 月刊「よみうりペット」(読売新聞)に『世界の犬「101」がよくわかる本』 | Main | 東横線都立大学駅「norsk cafe」で蕎麦カフェ »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/44172913

Listed below are links to weblogs that reference 浅草橋「江戸蕎麦手打処 あさだ」で蕎麦屋酒:

« 月刊「よみうりペット」(読売新聞)に『世界の犬「101」がよくわかる本』 | Main | 東横線都立大学駅「norsk cafe」で蕎麦カフェ »