« 「赤坂 たけがみ」に「新そば」の垂幕を発見  | Main | 最近入った蕎麦屋さん 九段一茶庵ほか »

「市川 一茶庵」カウンター席で またもや。。。

3_2 2_3 1_3 「市川一茶庵」は、靴を脱いで上る全席お座敷のお店なので、その手前にあるカウンター席のみの店舗は、用事の間に、ささっとお蕎麦をいただきたいとき、重宝していたはずなのですが。。。。

午前中、美容室に寄ったあと、午後からのインタビュー取材に向かう予定で、ちょうど11時30分という時間だったので「そうだ、久しぶりに市川一茶庵行こう」と思い立ちました。

お座敷店に入ろうと思ったのですが、ゆっくりする時間もないので、きょうはカウンター席店にしようと、手前のお店へ。狭い店内には、私を含めて4名。直後に男性2人連れが加わって6名に。

カウンターの内側には男性の職人さんと花番さんの2人。呼吸も合ったお仕事の様子を拝見できるのも、こうしたお店ならでは。

田舎そばを注文。ほどなく出された品をいただいていると、お昼時ということもあり、4名ほど入店。店内はほぼ満席に。

汁は、蕎麦猪口にわりと多めに入って、薬味といっしょに出されます。食べ終わったら、猪口を職人さんに差し出して、蕎麦湯を入れてもらうようですけれど、立て込んでいるので、蕎麦湯を頼む余裕はないかなあ、とすこし残念に思っていると。。。

花番さんが、無言で、空になった笊を私の手元から引き上げました。「ごちそうさまです」といったものの、なんだか「食べたら、(蕎麦湯なんぞ飲まずに)さっさと引き上げなさい」と告げられたようで、内心びっくり。

そういえば、このお店では、私は、以前も同じような「冷たい仕打ちsweat01」にあっているのでした。けれども、懲りない私は、お店の前を通るたび、ふらーっと吸い込まれてしまうのです。

|

« 「赤坂 たけがみ」に「新そば」の垂幕を発見  | Main | 最近入った蕎麦屋さん 九段一茶庵ほか »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/42480041

Listed below are links to weblogs that reference 「市川 一茶庵」カウンター席で またもや。。。:

« 「赤坂 たけがみ」に「新そば」の垂幕を発見  | Main | 最近入った蕎麦屋さん 九段一茶庵ほか »