« 手造りそば 蕎介 第6回「蕎麦屋de819」 | Main | もうすぐ70,000ヒット♪ »

おそば 古道

1_2 2_2 3_2 涼しくなって、仕事がよくはかどる。。。。といきたいところですが、1日ですべて片付くというわけにはいかず。毎日、1つずつでも処理していくよう心がけて。
涼しくなったのは結構ですが、早くも夏の疲れが出てきたのか、なんだかすぐ眠くなります。そのくせ早朝5時に目が覚めてしまって、本など読み始めてしまうのであった。ああ、悪循環。
毎月、青山のカフェで行っているミーティング。その前に、表参道の「おそば 古道」へ。地下のそば屋さん(増田屋)。店内に入るやいなや「いらっしゃいませ」と明るく響く女性の声。地下とは思えないほど明るく広い店内。ベテランの花番さんが、あたたかく、しかもてきぱきと座席に案内してくださる。持っていた私の日傘をすばやく引き取って畳んでくれたりと、とにかく恐縮するほど。気持ちよい接客。

最近、雰囲気や味は、たしかにいいお店なのだけれども、どうも接客がなあ。若いのに、なんだか覇気がないというか、やる気があるのか、どうも対応が鈍くて、せっかくの雰囲気なのに、イマイチ。。。と残念に思う場合も。

でも、こちらは、違います。ピーンと張り詰めたプロ意識が店内に満ちていて、安心していられて、居心地もよろしい。そばは、国産そば粉を手打ち・機械打ちのようです。

|

« 手造りそば 蕎介 第6回「蕎麦屋de819」 | Main | もうすぐ70,000ヒット♪ »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/42282839

Listed below are links to weblogs that reference おそば 古道:

» 江戸風俗雑記 [江戸風俗雑記]
江戸時代の文化風俗、芸者・浮世絵・ちょんまげ・チャンバラ・歌舞伎・・・日本人や外国人が想像するもっとも日本らしいイメージは、やっぱり江戸時代の文化や風俗が多いですよね。テレビの時代劇シリーズだって、水戸黄門・大岡越前・鬼平犯科帳・銭形平次・桃太郎侍・必殺シリーズ・・・こちらもやっぱり江戸時代の話が多いです。このころの江戸は、世界一の人口を有すると言われる大都市となり、武家・職人・農民などさまざまな... [Read More]

Tracked on 08/27/2008 at 12:57

« 手造りそば 蕎介 第6回「蕎麦屋de819」 | Main | もうすぐ70,000ヒット♪ »