« 神田・満州料理 味坊 | Main | おそば 古道 »

手造りそば 蕎介 第6回「蕎麦屋de819」

1 2 3 4 5 6

まさに、都会の隠れ家的なお店です。昭和初期の木造2階建の古民家に手を加えた路地の蕎麦屋さん。こじんまりとした趣のある外観。お店の前は何度か通っていましたが、なかなかタイミングが合わなくて。この日、初めてうかがいました。
靴を脱いで入る1階は、掘りごたつというかボックス席のような4人席。右手はすぐ厨房。ご主人が挨拶してくださる。外観から想像していたより、結構狭いんですね。人様のお宅にお邪魔したような親しい距離感。細い階段を上ると、2階奥の10名の和室が、今回の句会の貸切です。
小さいながらも、ゆったりとくつろげます。まずは、蕎麦豆腐(茶巾絞りのようなかたちで、柔らかな口当たり)、焼きみそ(500円)、だし巻き玉子(840円)、板わさなど。
おそばは二八せいろう(800円)と生粉打ち(十割・1000円)の2種類。細切りではなく平打ちで、こしがあり、もちもち感もあります。薬味は、生わさびと白葱、江戸風ですね。
句会のお題は、定例のそばのほか、玉蜀黍(とうもろこし)、稲光、盆踊り、赤蜻蛉(おひとり1句ご紹介・一部手を入れさせていただきました)。

稲光今夜の嘘はばれそうな     薫
虫すだく今宵恋しきかけの蕎麦   祺郎
山の背に臥龍の如や稲光     下松
猫車前に後ろに赤蜻蛉       宗雄 
卓上にラップ巻きたる玉蜀黍  俳蘭人
夕づきて空にぎやかに稲光   はるか

遠き空一瞬照らす稲光       美夏
香りたる玉蜀黍の変り蕎麦     島兔
稲妻と呼ばれし走者夏終る     悦花

|

« 神田・満州料理 味坊 | Main | おそば 古道 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

蕎麦屋de819・・・・命名が良かったですね
次回は玉江です

Posted by: sobalier | 08/27/2008 20:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手造りそば 蕎介 第6回「蕎麦屋de819」:

« 神田・満州料理 味坊 | Main | おそば 古道 »