« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

江戸蕎麦屋めぐり 第10回フィールドワーク「本八幡かいわい 蕎麦散歩」

「草庵」「市川一茶庵」という、知る人ぞ知る新進気鋭の蕎麦屋と一茶庵の県内有数の名店にご案内。

本八幡の蕎麦屋めぐりの合間に、八幡不知森(やわたやぶしらず)~葛飾八幡宮(参道~京成線の踏切脇に「耕地整理の記念碑」~市川特産・梨の生みの親「川上善六碑」~国指定天然記念物・樹齢1200年以上の千葉県最大のイチョウ「千本公孫樹」~歌手「岡晴夫碑」)~「サイゼリア」第1号店舗(笑)など、いろいろ見どころがありました。

1_2 2_2 3_2 4_2 5_2 6_2 7_2 8_2 9_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1週間坊主

花粉症撃退カレーを大量につくり、毎日食べ続けるぞおーーーーと決意。でも、今週になって、数日分のカレーを大量に仕込む時間そのものがなくなってきました。といいますか、大量の生姜や玉葱をみじん切りするのって結構大変なんですよね。花粉症のためもあって、涙が流れて止まらないこともありましたから。

大鍋にカレーをつくるのは楽しい。ですが、毎日外出が続くと、自宅で食べること自体ままならない。ということで、自然と、カレーをつくることも食べることもなくなりました。結局、3日坊主ならぬ1週間坊主になってしまいました。

今日もまた、夜まで外出。夕食は、いつものお仲間と居酒屋でということになるでしょう。帰ったらカレーを仕込んで、月曜日からまた再開できたら。。。花粉症撃退カレー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちごはん

1_10 鮭の粕漬け、蕗味噌、玄米ごはん。

花粉症の薬を服用して外出。車中で本を読んでいたとき、ふと玄関の鍵をかけないで出てきたことに気づく。あわてました。。。。春のせいか、薬のせいか、アタマがぼおーっとしています。2時間にわたる会議の間も、何度か強い眠気に襲われました~~。明日も予定が入っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花とどら焼き

1 2 所用の合間にお花見、そして句会と。神楽坂、外濠、江戸川橋、牛込、神田かいわいと、あちこち歩き回りました。花を愛でる合間に、人と逢い、打ち合わせもすませます。明日は、新宿御苑へ。

写真は、赤坂・雪華堂で「さくらどら焼き」などを購入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

胡蝶蘭の鉢植え

1 2 知人のK様よりいただきました。極度の冷え性で夜も熟睡できず、食欲もなくて、何年も困っているとうかがい、足元を重点的にあたためる電気の敷布団をお送りしたのです。

実は、これは、もともと私の母が愛用していたもの。靴下をはいて寝ていたのが、これを使うようになってから、足先からぽかぽかして体中があたたまり、冷え性も改善されたそうです。

私は冷え性ではありません。けれども、母の話から、血流をよくして健康にも良いと思いましたので、今年から、母同様、私も使うようになりました。たしかに、この敷布団を使うようになってから、とても身体があたたまり、よく眠れます。

kさんのお話をうかがって、ぜひ一度試していただき、少しでも楽になっていただきたいと思いました。新しい品をお送りしたところ、さっそくその晩から使ってくださったそうです。「とてもあたたまって、心地よく眠れました!もう手放せません」と、弾んだお電話のお声に、「それは、よかったですね」と、こちらもうれしくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふきのとう & 手打ち蕎麦

1 2 3 4 岩手のS様より、クール便でたくさんの「ふきのとう」が届きました。数年前、S様をお訪ねしたとき、案内された早春の山野に、さみどりの美しいふきのとうがたくさん出ていたことを思い出します。

さっそく蕗味噌に(黒味噌を使用したため色が黒いですね)。また、天ぷらにして、自分が打った蕎麦といっしょにいただきました。ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファーストフード考

1 2 3 4 などと、タイトルを付けてみましたが、「考」といえるほどのことは何もないわけでして。。。

そもそも私、ファーストフードのお店に入るのは、年間を通して、数える程度なので。待ち合わせなどで、駅前のMに入ることはあったけれど、コーヒーなどの飲み物を注文だけで、ハンバーガー自体は、もう何十年も食べていないのではないかしら。

ところが、同じMでも、モスであるとか、フレッシュネス、サブウエイなどは、なぜか気になる存在。ここ1ヵ月の間に、フレッシュネスやサブウエイのお店には3回入店。というだけでも、個人的には、ちょっとしたビックリ。サブウエイで食したのは、アボガドべジー。

朝、いただきものが届きました。。。ありがとうございます。これについては、のちほどご紹介しますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤坂 ながら

1_6 2_4 S社のM編集長と訪問。赤坂小学校近くの路地の奥。一軒家の地下にある隠れ家的蕎麦屋。締めに、とろろ蕎麦をいただきました。

『イヌ好きが気になる50の疑問』は、おかげさまで3刷30,000部を超えました。昨年末から、ローソン各店でも販売していただき、1ヵ月半ほどの間に7,000部売れたとか。さすが、コンビ二強し。

新しい単行本の企画もいくつか進んでおります。

ただいま、花粉症のピークのため、公私ともに、なかなか自分の思うように身体も動かず、仕事もはかどりませんが、ここは我慢強く、じりじりじりと。。。何事も前向きに、すすめてまいりますぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

有機野菜の店「玄」 くるみパン&桑の実ジャム

1_2 2_2 毎月、句会を行っている市川公民館の脇の大門通り沿いにあるお店。有機野菜・果物。有精卵、低温殺菌牛乳、天然醸造味噌・醤油、国産大豆の豆腐、納豆、有機コーヒー、石鹸などを扱っています。

今回、私は、くるみパン(板橋の「ザクセン」、ホシノ天然酵母使用)と有機「桑の実ジャム」を購入。オーブンで焼いたくるみパン(焦がしました)に桑の実ジャムをたっぷり挟んで。もちろん、生姜と玉葱をたくさん煮込んだ「花粉撃退カレー」も。スープがわりに食しています。

ここのところ、強風の中の外出がたたってか、症状がみるみる悪化。呼吸が苦しくなって、一睡もできないような夜もありました(ひいいい~~泣)。なんとか体調を戻し、月曜日からまた活動できるよう、なんとか沈静化をはかっています。お花見の予定もいろいろ入っていますしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナチュラル

先日、Kさんが撮影してくださった私の写真、現像ができたということで拝見しました。いやーーー、ほとんど写真を撮られていることも意識していない私がいます。われながら、とてもナチュラルな雰囲気。

野外の自然光のもと、何枚か撮っていただいたのですが、光の使い方や背景のぼかし方など、全体にとても柔らかな感じ。「吉田さんらしさを大切にしました」とkさん。とても自然で、等身大の私がそこにいるような気がしました。

私は仕事柄、インタビュー取材など、プロの方に撮っていただく機会も少なくないのですけれど、撮られるのは、どちらかというと苦手意識が先にたっていました。最近は、まっ(どうでも)いいや、などとちょっぴり開き直り気味でした。

あたりまえですけれど、同じ写真でも、撮る人やレンズなどで、こうも違うとは、驚きました。某月刊誌の連載に掲載している顔写真、さっそくコチラに差し替えさせていただこうっと。ありがとうございます。

kさんと五目釜飯定食。お刺身や焼き鳥もついて、盛りだくさん。

1 2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連載コラム「いのちのダイヤリー」更新されました

ペットの「知・遊・人」が贈る「NCぺっと」で連載中のコラムが更新されました。

http://www.ncpet.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州じゃんがらラーメン 赤坂店

1_5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉症撃退カレー &クリスマスローズ花盛り

「きっこの日記」のきっこさん(マイミクさん)が、特製カレーで花粉症を克服されたといいます。そのカレーを私も食そうと、レシピにしたがって、朝から大量の玉葱と生姜などの材料を刻み、大鍋いっぱい(12人前)のカレーをつくりました。これから、毎日、このカレーを食べ続けていくつもり、です。http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080315

1 2 3 4 5

| | Comments (1) | TrackBack (0)

シクラメン&ヒヤシンス

1 2 このところ、あたたかですけれど、いきなり春全開の薄着になるわけにもいかず。外出するのに、花粉症をできるだけブロックできればと、トレンチコートを着込んでいます。

とくに、数日、仕事場にこもったのち、都心へ出かけたりするときなど、世間の季節感というか、ファッション感覚がつかめず、何を着ていけばいいかなあと考えてしまいます。毎年、この時期になると服装に悩みます。

昨年から、ずーっと咲き継いでいる元気なシクラメンと、今年も、真っ先に花開いたヒヤシンス。そういえば、部屋にある「ヒヤシンス」と「電磁波」で俳句をつくったことがありました。ええっと。。。

あっ、今年は、クリスマスローズも花盛り。これは後日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しい炊飯器で玄米もふっくら 

1_3 2_2 毎日、玄米ごはんをいただいています。炊飯器で玄米を炊いて、吹きこぼれて炊飯器が壊れて(とほほ~)からというもの、毎回、鉄鍋で炊いていました。前の晩から水に漬けておくなど、炊くまでにかなり時間がかかります。

なので、今月、思い切って新しく、玄米も美味しく炊ける炊飯器を購入。70分ほどで、普通のご飯並みの、ふっくら柔らかな玄米ごはんで炊き上がります。びっくり。

玄米からいきなり話は飛びますが、私は、お金について考えるのは、あまり得意ではありません。昔からよく、「読み、書き、そろばん」といいますが、私に最も足りないのは、そろばん、かも。

最近、花粉症のせいもあるのか、いつにも増して頭がモウロウとしていて、とくに数字については、ますます疎くなっています。

もともと損得勘定で動くのは苦手(モノ、カネで動くのは浅ましいですし)。財テクも奥が深そうですけれど、私には難しいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上鬼城の色紙

2_5 1_2 先月ご紹介した群馬の生んだ境涯俳人・村上鬼城の俳句の真筆です。額に入っています。

群馬在住のK様の旦那様(故人)が、鬼城のお孫さんに当たる会計士の方から、直接ゆずり受けられたものだとか。形見の品を私が譲り受けたことになります。リビングに飾って、毎日ながめています

ところで。。。3月に入り、半ばも過ぎて、花粉症の症状が重くなってまいりました。鼻水や目のかゆみなどの不快感を完璧にブロックすることはできません。とくに、目が芯から痛み、偏頭痛も起こるようになってきました。思考能力や集中力も一気にダウン。パソコンや読書など、日頃から人一倍目を使うだけに、なんとも。。。困っています。

今年、初めて花粉症になった、しかも八十代で、、という方がいらっしゃいました。それだけ、今年はキョウレツなのかしら。みなさま、お気をつけください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3.8シンポジウム「地球温暖化と生物多様性」

1_7 幕張メッセの国際会議場で開催されたシンポジウム。千葉県総合企画部報道広報室のTさまより「温暖化と生物多様性に関する資料も充実していますので、今後、吉田様が活動されるに当たって役立つかもしれません」とご案内をいただきました。

私は15年以上前から、アフリカの砂漠化をくいとめて緑化するためのNGO「緑のサヘル」や、千葉伝来の上総掘りによる井戸掘りの国際協力技術者の育成につとめる「風の学校」などの会員です。

シンポジウムのお話は、いずれもとても興味深いものでした。最後に行われた、参加者と堂本知事との意見交換も、丁寧に意見を吸い上げていく大切さあらためて思いました。最後に、「温暖化と生物多様性 ちば宣言」を表明して終了。

千葉県は、東京湾に残る「三番瀬」の再生計画に踏み切るなどの自然環境の保全の取り組みも始めています。

一方で、住宅地を突っ切る高速道建設、ゴルフ場の乱開発、産業廃棄物の不法投棄や処理場建設の問題については、後手に回っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本料理 赤坂 峰村

1 赤坂7丁目の赤坂通り沿いのビルの地下にある日本料理「峰村」へ。こちらの女将(Mさん)は 1年前から「江戸蕎麦散歩」をご一緒してくださっております。寒い日も、真夏の極暑の中も、毎月、お着物姿で、ともに街歩きを重ね、蕎麦屋を訪ねました。

そのMさんのお店を、他の受講生のみなさまもお訪ねしたいということで、昼食にご案内。この日もお着物に、割烹着のお姿でした。鱈の西京漬の定食をいただきました。お味噌汁、お新香、納豆が付いています。煮物は薄味です。

研究熱心なMさんは、このほど江戸ソバリエも修了。今年から毎週、某蕎麦屋で蕎麦打ちをなさっています。この日も、女将の手打ち蕎麦をいただきました。誤って、韃靼蕎麦粉を一割ほど入れてしまったとか。なかなかどうして、微妙に黄色がかった色合いも好ましく、風味もかえってよい気がしました。もちろん、細切りのおいしい蕎麦です。これから、更科にも挑戦して、変わり蕎麦を打ちたいとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手打蕎麦 たかせ

1_4 2_3 神保町かいわいのお蕎麦屋さん、まだうかがっていないところがいろいろあります。救世軍ビルの近くの「手打蕎麦 たかせ」もその1つでした。素敵な店構え。1人で暖簾をくぐることのないまま、今回、お誘いいただいて初訪問。

明るく端正な店内は、場所柄か、若い女性の昼食としても利用されているよう。おひとりさまの姿もありました。喧騒を忘れさせてくれる、静かな空間。いいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地鶏「江戸しぐさ」

1_6 2_6 漫画家の内田玉男さんの、都立上野高校の先輩にあたる落語家・柳家小はん師匠を描いたイラストが看板になっているお店「江戸しぐさ」。

「純系名古屋コーチン」など地鶏の美味しい専門店です。駒込駅前にあります。鳥皮のかりかり揚げ、野菜鍋など、素材が新鮮なだけに、いずれも美味。

実は、玉男さんは、子どものころから鳥肉がダメで、いっさい召し上がらないそうです。でも、私たちが、美味しいからまたご案内くださいとお願いすると、ご自分は豆腐と熱燗で、喜んでつきあってくださいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小金谷いちご園より

Photo 1 ふだんは穏やかで、まじめで、とっても良い人なのだけれど、酒に酔うと豹変する人っていますよね。おかげさまで?私の身近にはいないのですが。。。。

でも、親しくなって、何度も一緒に呑む機会が重なって、楽しく会話できてよかったなあ、というのが、だんだん微妙に変わってくることってありませんか? 

相手も楽になって、心を開いてくれていると思えば良いことなのでしょうが。自分の主張ばかりが強くなってきて、断固として、他の意見に耳を傾けようとしない。はては、呑むたびに同じ主張を繰り返されるとなると、、、さすがに我慢強い私も、ちと疲れます。気持ちよく酔っているご本人は、翌朝にはケロリとされて、まったく覚えていないというのもねえ。

そんな夜の私は、なぜかとっても疲れている、なのに眠れない。ついに朝まで、頭が冴えてしまいました。

という話を別な友人にしたら、、あーら不思議、話しているうちに、そんなことにこだわっているなんてどうよ?、、、と思えるようになりました。あたりまえのことですが、完全な人なんて、自分はもちろん、いないわけで、その人の良い部分を見て、つきあえばいいのじゃないのって。うんうん。

そんなところへ、イチゴが届きました。おそろく、私がこれまで食したイチゴとしては、最も大きくて甘いイチゴ。冷蔵庫には入れず、涼しい場所に置いて、水洗いしないでそのままいただく、それが「おいしい召し上がり方」だそうです。うーん、し・あ・わ・せ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

割烹 升本

1_2 1_3 2_2 亀戸大根料理で知られる老舗「升本」。昼の膳「亀戸大根 あさりせいろめし」をいただきました。

あさりせいろ飯、おあがり揚げ、南蛮漬け、茶碗蒸し、豚角煮、玉子焼、亀戸大根たまり漬け、亀戸大根スティック、亀戸大根汁と、亀戸大根を使ったお料理がずらり。

地元特産の大根はじめ、野菜中心のお料理が盛りだくさん。やさしい味わい。明るく落ち着いた雰囲気のせいか、女性客が目立ちます。2階はお座敷で、よく法事などでも利用されるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅見

1 2 3 梅の名所が毎朝のお散歩コースのkさんより、以前より、「もう見ごろですよ」とご案内をいただいて、うかがう予定でした。けれども花粉症のため、1週間やむなく延期。ようやく約束を果たすことができました。

青空が広がる朝から梅見スタート。紅梅、白梅、しだれ梅。この機会にと、写真展にあまたの入選歴を誇るkさんが大きなレンズを構えて、私の写真を撮ってくださいました。撮影を兼ねて、1時間ほど散策。といっても、臨時モデルは、花粉症もあって、かぐわしき梅のもと、当然のことながら、かなり見劣りいたします。

「週刊俳句」第46号(3月9日)に寄稿「2月の俳句」させていただきました。ぜひ、ご覧くださいね。
http://weekly-haiku.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

椿

1_2 2_2 3 4 冬の間、やむなく休眠状態でした「ガーデニング」カテゴリーが復活。次々と鉢植えの椿が花開きました。こうして眺めると、いいものですねえ。

それと、驚いたのは、金柑の木に毎日来るメジロが、椿の花の蜜を吸う瞬間を間近に見ることができたことです。花びらにちょこんとつかまって。かわいいーーー。

ナイトライダーという椿の品種もつぼみをたくさんつけています。こちらも楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2月の句会より 「俳句は道楽」

1_2 2_2 大塚、四谷、市川(欠席投句)、新宿、目黒、お茶の水、早稲田と、7つの句会に参加。

句会のあと、お食事をしながら、70年に及ぶ俳句歴のKさんとお話していたところ、自分を俳人と名乗ったことはない、とのこと。

では、Kさんにとって「俳句とはなんですか?」。そううかがったところ、「道楽でしょうな」。道楽ねえ。その場にいた女性3人、思わずカッコイイーーーと声を挙げました。そして、深く頷いたのでした。俳句は道楽。

夕食は、玄米ごはんに銀鱈の西京漬、自家製卯の花。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

創業嘉永五年 柏屋 薄皮饅頭

1 2 2月中は、公私ともに忙しく、しかも、花粉症が本格化するなか、春一番などの激しい風の吹くなかを連日、外出が続きました。さすがに心身ともに疲れ気味でした。

3月になって、ようやくほっとひと息ついて(充電が大切ですよね)、また、あらたな原稿にとりかかっているところ。

先日、柏屋でさくら餅など数種類の和菓子を購入しました。自宅に戻って、注文した個数より1個足りないことに気づきました。お店にご連絡すると、「1個でもお持ちします」とのこと。恐縮すると、「ではお送りします」。翌朝、8個入りのお饅頭が2箱も届きました。

こちらの和菓子は長く愛用していますけれど、こうしたことは初めて。これぞ老舗力(!?)と感心、、、、有難く頂戴いたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浅草 梅園 「甘味」カテゴリーを追加

1_3 2_2 「お好み焼き 染太郎」での集まりに向かう前に、わずかな時間でしたけれど、雷門かいわいを散策。ゆうぐれの「並木藪」のたたずまいを眺めたり、その先のケーキ屋さんをのぞいたり、お隣の北海道の物産を扱っている店舗でお買い物をしたり。さらに「梅園」に寄って、豆大福を購入。

私は、もともと甘いものが好きなのですけれど、花粉症のこの時期、アルコールがいただけないこともあって、最近あらためて、和菓子やケーキにも、がぜん目覚めました。

なので、突発的に、このブログにも「甘味」というカテゴリーを新設。そういえば、蕎麦屋めぐりを主体とした「江戸ソバリエ」はじめ、「食」や「居酒屋」といったカテゴリーはありますが、「甘味」というのはなかったなあ。手土産にしたり、もちろん自宅用にも、意外といろいろ、あちこち食しているのですよね。最近、老舗の和菓子屋でちょっとしたことがあったのですが、それはまたのちほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2月に見た映画より7本

1 2ひろし兄よりいただいた雛あられ、そして、柏屋のさくら餅、よもぎ餅、薄皮饅頭など。 

映画は、「ノッテングヒルの恋人」(1999・アメリカ ジュリア・ロバーツ主演)、「恋人たちの街角」(1998・アメリカ)、「クリムゾン・リバー」(2000・フランス ジャン・レノ主演)、「ママが泣いた日」(2006・アメリカ ケビン・コスナー主演)、「ジャンダラ」(2003・タイ)、「帝都物語」(1998・日本)、「化粧師」(2002・日本)。

それにしても、「1~2月に読んだ本」をアップして、いかに自分が読書量が少ないかよくわかりました。本は好きなのですけれど、忙しいことを口実に、読書が減っていました。いつも10冊くらいの種類の異なる書籍を併行して読むタイプですが、今月はもっと本を読みたいものです。反省。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本八幡 蕎麦 瀧森

1_2 2 3 4 以前から噂を耳にして、ひそかに注目して、探し歩いていた蕎麦屋さん。ようやく発見。JR本八幡駅南口から、通りをまっすぐ行ったところだったんですね。店構えというか、たたずまいからして、「むむ、オヌシできるな」という感じ。店内も派手さはないけれども、端正な雰囲気で、蕎麦も期待できそう。ご夫婦ではじめられた気さくな、それでいて心地よい緊張感が伝わります。丁寧な仕事が感じられるせいろにも満足。

ふと、私は蕎麦好きは当然ですけれど、「実は、蕎麦屋好きなのだな」と自分で納得しました。はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感謝する日

12.26の誕生日を過ぎてからも、「おめでとう」メッセージや、実際にお祝いをしていただいたり、ありがとうございます。正直なところ、本人としては、毎年どうでもいいんだが、、、でも、それをいっちゃあおしまいよという気もするので、誕生日は「わたしを産んでくれてありがとう」と父母に感謝する日、生かされていること、支えてもらっていることなどに感謝の日としたら、またあらたな感慨、喜びが生まれました。

今日は、母・トクコさんのお誕生日。夕食のあとの、3種盛り合わせデザートは、私のチョイス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1~2月に読んだ本 &オリーブの木

1 2 むか~し利用したパスタ専門店に、先日、久しぶりにお邪魔。茹で上げパスタは、いまでは珍しくもないですけれども、「オリーブの木」も変わらぬ美味しさ。ちょっぴり、うれしくなりました。

『健康の新常識100』(岡田正彦・サイエンス・アイ新書)

『蕎麦 江戸の食文化』(笠井俊弥・岩波書店)

『そば通の本』(「サライ」編集部編・小学館文庫)

『句集 百物語』(菊田一平・角川書店)

『東京 五つ星の蕎麦』(見田盛夫選・東京書籍)

『蕎麦曼荼羅』(太野(示すへんに其)郎・展望社)

『愛犬のための手作り健康食』(須崎恭彦・洋泉社)

『いぬのきもち』(高倉はるか・幻冬舎)

『おもしろすぎる動物記』(實吉達郎・サイエンス・アイ新書)

『食い逃げはされてもバイトは雇うな』(山田真哉・光文社新書)

『猫の建築家』(森博嗣・佐久間真人・光文社)

『只今』(鳥海むねき句集・角川書店)

『ケーキの世界』(村山なおこ・集英社新書)

『うまい酒の科学』(酒類総合研究所・サイエンス・アイ新書)

『少年サバイバルノート 家族の中で生き抜くために』(西山明・集英社新書)

『フォーカスな人たち』(井田真木子・新潮文庫)

『芭蕉の表現』(上野洋三・岩波現代文庫)

『部長の大晩年』(城山三郎・新潮文庫)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »