« 手打ちそば 亀鶴庵 | Main | わが家の青柚子と赤唐辛子 »

めん処 はし

1_2 2_2

地下鉄有楽町線江戸川橋駅下車。東京三菱銀行の脇を入ると、交差点の左角のビルの1階。

実は、同駅の地蔵通りにある「生粉打ち亭」を先に訪ねたのですが、うっかり道を行き過ぎてしまったかと思って、通り沿いの肉屋さんで訪ねると、「閉店した」との返事。まさか?! また移転されたのかな? もう1度、もと来た道を帰って探しましたが、あるはず場所に、なんとお店がありません。なにやら改築中のよう。まったく別の店になるのかわかりませんが、「生粉打ち亭」は何処へ。

それはともかく、すぐとって返し、「はし」を訪ねたわけです。清潔感ある明るい店内は、ゆったりしたつくり。ちょうど開店直後ということで、ほかにお客さんはいません。誠実そうな柔和な表情のご主人に、せいろと田舎の2色を注文。

まもなく出てきたのは、二段重ねの2色蕎麦。期待が高まります。まず、上は「せいろ」。噛みしめるごとに蕎麦の香りが。汁も、濃いめで出汁がよく利いていて好みの味です。「田舎」は、中太打ちで濃茶色、弾力があり、噛むうちに甘みが広がります。薬味の山葵をつけると、さらに味わいが深くなります。とろみのかかった蕎麦湯も美味しい。

お店の奥には打ち場、入口の脇にあるガラス越しの部屋には、電動石臼が置かれていました。またお邪魔します。

|

« 手打ちそば 亀鶴庵 | Main | わが家の青柚子と赤唐辛子 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/16758181

Listed below are links to weblogs that reference めん処 はし:

« 手打ちそば 亀鶴庵 | Main | わが家の青柚子と赤唐辛子 »