« 三原堂「最中 播磨坂」 | Main | 今日の晩ごはん 独活づくし »

煎餅をいぬがかむ音花の雨

4/4        星野立子

(せんべいをいぬがかむおとはなのあめ)

(ほしのたつこ)

桜の咲く頃に降る雨だから「花の雨」。雨といっても、花時ならではの華やかさ、艶やかさを彷彿とさせる。「煎餅をいぬがかむ音」とは、笑いを誘われるような、でもちょっとせつない。

立子は、高浜虚子の次女。父の提唱した花鳥諷詠、客観写生を基本としながら、なにげない日常や自然を細やかな感性で詠み、女性俳人の先駆的な存在となった。

たんぽぽと小声で言ひてみて一人」鞦韆に腰かけて読む手紙かな」さへづりをこぼさじと抱く大樹かな」など。

|

« 三原堂「最中 播磨坂」 | Main | 今日の晩ごはん 独活づくし »

わん句・犬と俳句」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 煎餅をいぬがかむ音花の雨:

« 三原堂「最中 播磨坂」 | Main | 今日の晩ごはん 独活づくし »