« 傾聴の全き小犬草の餅 | Main | 春の月見上げ老犬うーと啼く »

お茶の水 おきなわ軒

JRお茶の水駅からすぐ。30年来この場所で営業されているそうです。私が初めて入ったのは、5年ほど前。まだ地下で営業していたときでした。私は10年ほど前、沖縄での取材旅行から戻ってから、沖縄料理を求め、渋谷などの専門店をよく訪ねました。その頃はまだ、こちらのお店は存じませんでした。

数年前、リニューアルして、ビルの2、3階を占めるようになりました。知る人ぞ知るお店でしたが、「沖縄ブーム」で、こちらのお店もピーク時は混み合っているようです。

沖縄料理といっても、宮古島風という感じ。素朴というよりは、やや洗練された和風テイスト。ゴーヤチャンプルはじめ、海ぶどう、とうふよう、ラフティ、ワーヌミン、ソーキといった豚肉料理、青パパイヤや紅芋や島ラッキョウといった独特の食材もあります。

もう何度もうかがっていますが、私はいつも夜、酒の肴が中心。まだ、こちらの沖縄そばを注文したことがありません。今度ぜひ、沖縄そばをいただきたいと思います。

070225_1 070225_2 070225_3

|

« 傾聴の全き小犬草の餅 | Main | 春の月見上げ老犬うーと啼く »

」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お茶の水 おきなわ軒:

« 傾聴の全き小犬草の餅 | Main | 春の月見上げ老犬うーと啼く »