« 朧夜にまだら模様の迷ひ犬 | Main | 耳長き犬の顔上げ桜南風 »

豊島屋本店 蕎麦味噌

千代田区猿楽町に本社のある「豊島屋」は、慶長元年といいますから、1596年創業。毎年、雛祭りの時期に売られた白酒は、「江戸名所図会」にも描かれたほど評判に。初代豊島屋十衛門の白酒は、桃と白酒の彩りがめでたく、雛祭りの時期には、店の前に、医師ととび職も待機して、殺到する客の怪我に備えたといいますから、その繁盛ぶりは大変なものでした。

現在も白酒を販売。白酒は、アルコール分が10パーセントほどあるそうです。また、大吟醸や清酒やみりんなどを醸造しています。店舗で、酒粕や蕎麦味噌も手に入ります。

070126_1_1 070126_2_1

|

« 朧夜にまだら模様の迷ひ犬 | Main | 耳長き犬の顔上げ桜南風 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/14364901

Listed below are links to weblogs that reference 豊島屋本店 蕎麦味噌:

« 朧夜にまだら模様の迷ひ犬 | Main | 耳長き犬の顔上げ桜南風 »