« 寒鴉犬の屍を食ふ飛鳥村 | Main | 傷付きに出掛ける犬も狩人も »

本むら庵  生がき蕎麦

JR荻窪駅西口(西荻窪方面)でМさんと待ち合わせ。商店街の続く線路沿いから環八を超えて、光明院境内の「荻の小径」通り抜け、駅から8分ほど。

昨年、本むら庵の社長が亡くなられましたが、ご主人が檀家をつとめておられた光明院で葬儀が営まれたそうです。

1924(大正13)年創業。国産の玄そばを自家製粉しています。席のつくりもゆったりとして、お庭を眺めながら、風味豊かな蕎麦が味わえます。バリアフリーで車椅子にも対応。六本木とニューヨークに支店があります。

Мさんイチオシの生がき蕎麦(1,470円)をいだきました。生食用牡蠣をさっと湯がき、汁そばの上に三つ葉とともに盛られています。スダチを絞っていただきます。ホシの入った細い蕎麦。つゆはやや甘め。これをとろりとした蕎麦湯で延ばすとまた違った味わいに。汁も飲み干しました。

0701101 070110_2_1 070110_3_1 070110_4 070110_5

|

« 寒鴉犬の屍を食ふ飛鳥村 | Main | 傷付きに出掛ける犬も狩人も »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/13582838

Listed below are links to weblogs that reference 本むら庵  生がき蕎麦:

« 寒鴉犬の屍を食ふ飛鳥村 | Main | 傷付きに出掛ける犬も狩人も »