« 玉乗りをほめらるる犬十二月 | Main | 冬夕焼老犬いまだ母性持つ »

青山川上庵

軽井沢に本店を持つ、蕎麦と一品料理の店です。「軽井沢川上庵」を利用されているМさんに教えていただき、ちょっと早めの忘年会。

表参道駅から数分、紀伊国屋の仮店舗の手前の道を入ると、人気のないひっそりと小道。黒塀の粋なたたずまいの焼肉店の隣に、藍色の大きな暖簾がかかったお店が見えます。蕎麦屋とは思えないシンプルでモダンな店内。奥にバーカウンターもあります。暗めの照明で、静かにジャズが流れています。

信州の食材を中心に、全国の美味を取り入れたつまみメニュー。蕎麦の前に、青豆、フルーツトマト(岩塩で)、豆腐の三種盛り(798円)、温野菜(840円)糠漬物などを注文。豆腐は、青豆から作る淡い翡翠色で、濃厚な豆の風味。

天せいろ(上・1900円)は、どーんと車海老が二本ついてきます。迫力があり、話題性は抜群ですが、海老はやはり大味。信州・川上村の蕎麦粉を主に扱い、軽井沢の水で打っているという蕎麦も、やや瑞々しさに欠ける気がしました。でも、川上村に縁のあり、毎年のようにうかがっている私には、川上産というのは、魅力的です。

0611271場所柄か、年中無休、水・木・金は11:30~翌朝4:00ごろまで営業しているそうです。スゴイ。

061127_2_1 061127_3_1

|

« 玉乗りをほめらるる犬十二月 | Main | 冬夕焼老犬いまだ母性持つ »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/12888625

Listed below are links to weblogs that reference 青山川上庵:

« 玉乗りをほめらるる犬十二月 | Main | 冬夕焼老犬いまだ母性持つ »