« 林檎熟る使命感もて番犬吠え | Main | 初しぐれ赤い首輪の迷ひ犬 »

父の手打ち蕎麦

父も、これまでにも何度か蕎麦打ちをしています。以前、その蕎麦をいただいたことがあります。今回は、私が旅行に出ていたときに、蕎麦打ちをしたそうで、私の分を残しておいてくれたそうです。職人さんの「汁」もあるということで、寒いこともあって、「かけ」にしてみました。さすが新蕎麦、コシのある蕎麦で美味しく戴きました。

061120_

|

« 林檎熟る使命感もて番犬吠え | Main | 初しぐれ赤い首輪の迷ひ犬 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/12760587

Listed below are links to weblogs that reference 父の手打ち蕎麦:

« 林檎熟る使命感もて番犬吠え | Main | 初しぐれ赤い首輪の迷ひ犬 »