« 犬と犬吠えて向き合ふ秋の朝 | Main | 桐一葉犬の眠りを妨げず »

零余子飯 (むかごめし)

「野ざらし紀行」ツアーに参加なさったおみやげということで、「零余子(むかご)」をたくさんいただきました。

さっそく、小薯のような零余子をごはんに炊き込んで、零余子飯に。初めて口にしたのですが、ほくほくして、なんだか懐かしい味がします。

もう10年以上前のこと。仕事場近くの小学校の金網に巻きついていた蔓に、小さな深緑色の実がたくさんついていました。友人から、これが零余子だと教えられました。それを摘み取った彼は、後日、家で零余子飯にして食したと、うれしそうに語っていました。

私はふだん、五穀ごはん(写真右)や玄米ごはん(写真中央)を好んでいただいています。こうした季節の香りのするごはんもいいものですね。

米洗ひ零余子洗ひぬ零余子飯  尾崎迷堂

(悦花歳時記)

060916_1 060917_ 060612_

|

« 犬と犬吠えて向き合ふ秋の朝 | Main | 桐一葉犬の眠りを妨げず »

」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 零余子飯 (むかごめし):

« 犬と犬吠えて向き合ふ秋の朝 | Main | 桐一葉犬の眠りを妨げず »