« サトイモ栽培 | Main | 民芸手打ちそば 志な乃 (新宿御苑) »

SO BAR

六本木の「グランド ハイアット 東京」でのパーティの2次会。西麻布交差点の先、ちょっと奥まったビルの外階段を上がって「SO BAR」(ソーバー)へ。

この店は『もっと蕎麦屋で憩う』にも載っていますが、蕎麦屋というより、名前のとおり、まさにBAR。バーで本格的な手打ち蕎麦がいただけるということで話題になったそうです。

扉の正面にはバーカウンター。こじんまりとしたつくりですが、落ち着いたオトナの雰囲気が漂います。左手のテーブル席へ案内されました。

私はジンライムとせいろを注文。蕎麦は、いわゆる二八蕎麦。ざるに盛られています。バーで蕎麦をいただく、なんとも不思議というか、贅沢な気分です。

帰り際に、店長の荒川元太郎さんより名刺をいただきました。丁寧な接客で、蕎麦打ちにひたむきに取り組んでいらっしゃる様子も伝わりました。

|

« サトイモ栽培 | Main | 民芸手打ちそば 志な乃 (新宿御苑) »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/10114917

Listed below are links to weblogs that reference SO BAR:

» SO BAR [doppa memo]
深夜蕎麦(よるそば)のはしりと思います。 蕎麦の味は、お酒の入ったデートの未明の蕎麦という条件付きながら、これはこれでそんなにひどくはないと思います。 手打ちの二八に近い蕎麦を締めに手繰るのですが...... [Read More]

Tracked on 05/19/2006 at 13:56

« サトイモ栽培 | Main | 民芸手打ちそば 志な乃 (新宿御苑) »