« 担担麺 インペリアルトレジャーエキスプレス | Main | 胡瓜 »

きんかん亭

新宿二丁目の「きんかん亭」。19時から翌4時までの深夜営業で、夜中でも本格手打ち蕎麦がいただけます。

そういえば、数年前、新宿・西口の「ぼるが」での句会のあとですから、夜9時過ぎだと思いますが、待ち合わせた友人に「蕎麦のおいしいところ」として案内されたお店が「きんかん亭」だったかと。このとき初めてうかがったのですが、蕎麦ではなく、うどんをいただいた気がします。

ちなみに、お店のすぐ近くにある出版社の雑誌に、連載させていただいていることもあり、打ち合わせのあとに寄ったこともあります。

入って右手にカウンター、その奥が打ち場、左手はテーブル席。店内は民芸調で落ち着いた雰囲気。すでに、グループ客が、お酒を飲んで語らっています。

壁にかけられたお品書きは、神保町の「出雲そば本家」を彷彿させる「割子(わりご)そば」1200円、「そばっ食い」1500円、「ほうとう」1500円など興味深いものばかり。蕎麦やうどんとともに、私が大好きな甲州名物(今年3月、山梨でいただきました!)のほうとうもあり、大いに迷います。が、ここはやはり、「せいろ」700円を。

「そばっ食い」は、7段重ねの割り子蕎麦で、うずら卵、海苔、ねぎ、ごま、しそ、鰹節、もみじおろしの薬味でいただくのだとか。塩辛の入った「切込みそば、うどん」、柔らかい餅が入った「からみもちそば、うどん」など、「次回は何にしよう」と今から悩んでしまいます。

|

« 担担麺 インペリアルトレジャーエキスプレス | Main | 胡瓜 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/10142330

Listed below are links to weblogs that reference きんかん亭:

« 担担麺 インペリアルトレジャーエキスプレス | Main | 胡瓜 »