« 手打蕎麦 渡邊 | Main | 蕎麦ニ味酒 よしむら »

六本木 みのち庵

六本木にはよく来てはいますが(「南極物語」の試写会の会場も六本木でした)、このところ六本木ヒルズや麻布十番のほうへ足が向いていたので、溜池方面に向かうのは、ほんとうに久しぶり。

目指すのは、六本木プリンスホテルの脇の「なだれ坂」の途中にある建物。そこで20名くらいが集まるワークショップのご案内をいただき、参加することに。

なだれ坂という名のとおり、かなりの急坂です。この坂の左手に建つI社の広報室には、20代初めの頃、個人的にご縁があります。六本木から溜池に向かう道はとても通いなれた、なつかしいところ。

ですから、六本木の駅を出ると、思い出をたどるように1つひとつ、道沿いのお店をながめていきます。様子はかなり変わっていますが、何十年も変わらない料理屋さんを見つけて、感慨深いものがありました。

変わらないお店の筆頭に挙げられるのは、六本木交差点の角にある「みちの庵」でしょう。もりそばは、うずらの卵付き蕎麦は、やや太切りですが、コシがあります。六本木界隈には、本むら庵、利庵といった名店がありますが、こちらもなかなか良い蕎麦屋です。六本木の移り変わりを長い間じっと見つめてきた、目立たないけれど風格があります。

|

« 手打蕎麦 渡邊 | Main | 蕎麦ニ味酒 よしむら »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/9352656

Listed below are links to weblogs that reference 六本木 みのち庵:

« 手打蕎麦 渡邊 | Main | 蕎麦ニ味酒 よしむら »