« 第6回わん句 春の大募集 | Main | 立春朝搾り  »

立春大吉

神田神保町にある友人の事務所に集まったあと、3~5人で、すでに何度も訪れている、JR水道橋駅近くのお店「酒蔵 匠」へ。いつも「たくみ」と読んでいましたが、「しょう」が正しいようです。

築地直送というお刺身と100種類にのぼるという焼酎の種類があるそうで、リーズナブルなわりには、大騒ぎしているようなグループもなく、落ち着いた雰囲気が気に入りました。なにより、店員さんが男女とも若くて、元気にきびきび働いているところにも好感を持ちました。

この日も、いつものように熱燗を頼み、当たりつきという「もつ煮込み」を3人分注文。それぞれ、もつ煮込みに箸をのばしながら、熱燗をいただきました。

と、私のもつ煮込みの汁の底に、なにやら赤い文字が。。。

「あっ!」よく見ると、茶色い器の底に「当たり」の文字が現れました。

わーい。

当たったのは私だけでした。店員さんに知らせると、しばらくして、たらば蟹の大皿がテーブルの真ん中に。これは、春から♪

立春大吉モツ鍋の底に文字  悦花

|

« 第6回わん句 春の大募集 | Main | 立春朝搾り  »

」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 立春大吉:

« 第6回わん句 春の大募集 | Main | 立春朝搾り  »