« 「神戸の残り香」展 | Main | 陳麻家 神田神保町店 »

手打ちそばと旬菜料理 たつみ

池袋東武13階のレストラン街スパイスにある「たつみ」へ。

以前、日本食糧新聞社主催のセミナーにお招きいただいた折、池袋東武の広報部で、レストラン街を担当している方のお話をうかがったことがありました。

その方が、「たつみ」に惚れ込み、なんとしても東武に出店してくれるよう、主人夫妻を説得されたということで、「ぜひ1度どうぞ」と薦められていました。

出入口の左側は、全面ガラス張りのかなり広い打ち場があります。入って、手前は椅子席、奥にお座敷があるようです。

内装は民芸調、BGMは琴の音。壁に「元気百歳 ダッタン蕎麦」と書かれた色紙が掲げられています。メニューにももちろんダッタン蕎麦が。わたくしのお目当てもコレ。自宅では、もっぱら乾めんのダッタン蕎麦をいただいています。

せいろは、北海道産の玄蕎麦を石臼で自家製粉したものと茨城産をブレンドした二八。ダッタン蕎麦は、三七とのこと。ダッタン蕎麦は、濃い黄茶色で、細くてつやがあります。汁は甘辛く、濃い味わい。薬味は薄く切った葱と山葵。

|

« 「神戸の残り香」展 | Main | 陳麻家 神田神保町店 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。いつも拝見させていただいています。拙ブログの繙巻録に悦花さんの句を紹介させていただきましたので、お立ち寄り下さい。お知らせまで。

Posted by: 結城音彦 | 01/29/2006 at 22:58

悦花さん、こんにちわ。
「たつみ」は、ソバリエの端くれである私もお勧めのお店の一つです。
いつも打ち場の丁寧な仕事振りに感心しています。

Posted by: しゅうちゃん | 02/02/2006 at 15:12

結城さん こんにちは♪
いつもコメントくださり、ありがとうございます。あたたかなお言葉に励まされます。

しゅうちゃんさん 初めまして♪
こちらこそ、いつもソバリエの先輩ブログ、楽しく拝見しております。

そういえば先日、稲沢商店社長とお目にかかった折、「たつみ」のお話をしたところ、「ダッタン蕎麦粉は、うちから行っています」とおっしゃっておりました。

Posted by: えつか☆ | 02/03/2006 at 12:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/8363767

Listed below are links to weblogs that reference 手打ちそばと旬菜料理 たつみ:

« 「神戸の残り香」展 | Main | 陳麻家 神田神保町店 »