« 手打ちそばと旬菜料理 たつみ | Main | 午前零時の落とし穴 »

陳麻家 神田神保町店

昼食を食べようと、友人3人と白山通りを神保町の交差点に向かって歩いていると、

「メイド喫茶??」

と思ってしまうようなコスチュームに身を包んだ若い女性が、ちらしを配っていました。

昨年11月に開店したばかりということで、その女性に薦められ店内へ。それが、「陳麻家(ちんまぁや) 神田神保町店」との出会いでした。

メニューは、陳麻飯といわれる麻婆豆腐かけご飯(並\650、ハーフ\350、大盛+\100)、担々麺(並\800、ハーフ\450、大盛+\100)が中心。ほかに、中華そば(塩味・醤油味)がありますが、実にシンプルです。

夜は、中華風豚しゃぶ、春雨サラダ、海鮮春巻などのつまみもあり、午後11時頃まで営業しているそうです。

名物という陳麻飯と担々麺をいっぺんに試してみようと、両方ともハーフサイズのセット(\800)を注文しました。陳麻飯は、口にしたときはそれほどでもありませんが、あとから辛味が効いてきます。スパイシーで、後味はすっきり。

担々麺は、見た目も味もごく普通の担々麺という感じで、これといって驚くようなところはありません。私は、どちらかというと、コクのあるこってりした坦々麺が好みです。

店内に貼られていた案内によると、お店で働く女性たちは、「研究員」という肩書きなのだとか。「三度食べると、くせになる味」とも記されていました。

そのときは「くせになるほどでもないなぁ」と笑いあっていたのですが、結局、それから私たちは、すでに三度、ここで昼食をいただいています(笑)。

あとで知ったことですが、「陳麻家」は、某ベンチャー会社が、各地にチェーン展開しているようです。

|

« 手打ちそばと旬菜料理 たつみ | Main | 午前零時の落とし穴 »

」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 陳麻家 神田神保町店:

» 神保町外食事情 [グラスが空になりましたよ。]
written by えっち さて昼ごはんはどうしよう、と歩いていて見つけたのは昨日のこと。名は陳麻家。辛いもの大好きのえっちだけど四川系は少なかった神保町で去年できた店だったようでノーチェックでした。そこで日を改めて突入。 メニュー(写真のもののほかに昼食用・夜の飲み屋用とありました)を見ながらしばし考える。陳麻飯(麻婆豆腐ご飯)も食べてみたいし担々麺も試したい、と思ったら「ハーフセット(半陳... [Read More]

Tracked on 02/25/2006 01:01

» 陳麻家銀座三丁目店 3月6日OPEN!★4 [銀座で1人暮らし]
陳麻家銀座3丁目店 ★★★★☆ (×ちんまあけ、ちんまーけ) 陳麻家は京橋店に行ってファンになりました。(まだ1回しかいっていないけど) 以前の書き込み(陳麻家の麻婆丼★4)をみてもわかるとおり、ファンが多いですね。 滅茶苦茶美味しいという訳ではないの... [Read More]

Tracked on 03/22/2006 02:01

» 陳麻家 神田神保町店 [FE's tabelog]
麻婆豆腐と担々麺のチェーン店。 白山通り沿い、水道橋駅と神保町駅の間にあります。 位置的には神保町駅の方が近いです。 陳麻飯のAセット(\650)を注文。 単品でもセットでも値段は変わりま...... [Read More]

Tracked on 05/17/2006 18:38

« 手打ちそばと旬菜料理 たつみ | Main | 午前零時の落とし穴 »