« 韓国家庭料理 チェゴヤ 神保町店 | Main | 木彫りフクロウ »

刀削麺・中国郷土料理 鐘楼

鐘楼は「ジョンロウ」と読みます。先にご紹介した「チェゴヤ」のすぐ近くで、こちらにもよくうかがっています。私が行くのは、夜が多いのですが、ランチメニューは、麺類以外に定食もあるようです。

刀削麺(西安料理)と四川料理をベースにして、全体的に辛いメニューが多いようのですが、海鮮・肉・野菜など、具材のバリエーションは豊富です。

辛い料理としては、四川風土鍋春雨煮がちょうどいい辛さで、春雨好きの私の定番となっています。さらに、鉄鍋餃子や小龍包といった点心、麻婆豆腐、青菜炒めなど。

刀削麺は、マーラー麺、黒酢を使ったサンラー麺、本場坦坦麺、ネギとチャーシューのピリ辛麺、五目野菜のせ麺があります。

私がよく頼むのは、たくさんの野菜が入った刀削麺。麺は、モッチリ、そしてムッチリしています。しかし、ボソボソ感や粉っぽさはありません。麺が短いので、濃い麻婆スープがはねやすいのですが、服を汚さないように紙エプロンのサービスがあります。

店内からは、厨房で、刀削麺の麺を刀で削っているシェフの姿が見えます。肩の高さに捏ねた粉の固まりを掲げて、リズミカルに刀で削り、湯だった鍋の中に切り入れています。

小麦文化発祥の地といわれる西安。イタリアのパスタや日本のうどんも、ルーツを辿れば、西安になるのだとか。そんなことを思いながら、興味深く眺めました。

|

« 韓国家庭料理 チェゴヤ 神保町店 | Main | 木彫りフクロウ »

」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 刀削麺・中国郷土料理 鐘楼:

« 韓国家庭料理 チェゴヤ 神保町店 | Main | 木彫りフクロウ »