« 新蕎麦のたより③ | Main | 月刊俳句誌「炎環」表紙画展 »

新蕎麦のたより④

今年も、会津の「宮古そば 権三郎」の手打ちそばが、クール便で届きました。その量、一升! さっそく、茹でて戴きました。

①大鍋にたっぷり水を入れ沸騰させます。

②蕎麦をパラパラと入れ、箸でくっつかないように軽くほくします。蕎麦を入れすぎると、切れたり、団子状になってしまうので注意。

③再び沸騰したら、水少々を注ぎ、すぐザルにあげます。

④流水でよく洗い、氷でしめます。器に盛り付けて、好みの汁で戴きます。

自家製粉の蕎麦粉100パーセントですので、新蕎麦の香りがとても豊かです。

つなぎが入っていないので、茹でて時間がたつと切れやすくなったり、食感も失われます。薬味なしで、一気に戴きました。

蕎麦湯もこってり濃厚で、とても美味しゅうございました。

|

« 新蕎麦のたより③ | Main | 月刊俳句誌「炎環」表紙画展 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/7249495

Listed below are links to weblogs that reference 新蕎麦のたより④:

« 新蕎麦のたより③ | Main | 月刊俳句誌「炎環」表紙画展 »