« 上野 藪そば | Main | NHK「ラジオ深夜便」 »

松翁

「松翁(まつおう)」は、表通りから少し中に入った静かな場所にあります。

それほど大きな店ではないので、場所を把握していないと、通り過ぎてしまうかもしれません。

間口の狭い、こぢんまりとした店構え。友人の事務所がすぐ近くにあることもあって、私はよく利用しています。

上質な茨城常陸産と会津産の蕎麦粉を石臼挽きにした十割蕎麦は、ご主人の手づくり。

二色もりそばは、江戸蕎麦と田舎蕎麦が丸笊に二盛りずつ盛ってあります。どちらもつなぎなしの生粉打ちの細切り。

並蕎麦は、コシと歯ごたえ、甘味もあり、のど越しもよろしい。うわさ通りのおいしい蕎麦です。

田舎蕎麦は、玄蕎麦殻を挽きこんだもので、風味があります。

蕎麦の量もなかなか充実しています。

香ばしく爽やかな柚子切りをはじめ、芥子切り、胡麻切り、伊予かん切り、菊花切り、紫蘇切り、唐辛子切り、ペパーミント切り、木の芽切りなど、ユニークな変わり蕎麦も多いので、こちらもぜひ。

つゆは、昆布、椎茸、かつおで出汁を取っておられるとか。辛いつゆと甘いつゆのどちらかを選ぶことができます。

品目によって選ぶ楽しみもありますが、私はほとんど、辛いつゆを注文しています。

薬味の葱は深谷産。ワサビは伊豆直送の本ワサビ。七味唐辛子は自家製。

お蕎麦は、丸笊(底を逆さにしてある)で。猪口、薬味皿、つゆの入った徳利は、同じ色合いの陶器。割り箸はやや太めのもの。

蕎麦湯は、あつあつの鉄瓶に入っています。そば粉から直接作っているため、白く濃厚でとろりとしています。私好みの蕎麦湯です。

店内は椅子席のみ。入口の外に置いてあった水槽には、あなごが入っていて、客の注文があると、捌いて天ぷらにするのだそうです。

天ぷらは、注文を受けてから揚げはじめ、主人自ら揚げたてを各テーブルまで運んでくださいます。

〆張鶴などの酒の種類も豊富。酒も蕎麦もゆったりと楽しめる雰囲気。

ただし、夕方の早い時間から背広のグループがわいわい陣取っておられたりすることもあるので、女性客としては落ち着けないときやお店の応対が、ややぶっきらぼうに感じることも。

庶民的ですが、蕎麦職人としてのこだわりと気合いを感じるお店です。

千代田区猿楽町2-1-7 ℡03-3291-3529

|

« 上野 藪そば | Main | NHK「ラジオ深夜便」 »

江戸ソバリエ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59971/5913394

Listed below are links to weblogs that reference 松翁:

« 上野 藪そば | Main | NHK「ラジオ深夜便」 »